// //
list

見た目も重いが症状もヘビー。。おたふく病について

このエントリーをはてなブックマークに追加

おたふく風邪とはその名の通り、耳下線が腫れて、「おたふく」のような顔になることからつけられています。またおたふく風邪の怖いところは、おたふく風邪だけではなく他の合併症を起こす可能性もあるという点です。乳幼児や子供がかかるケースが多く、殆どの人が小さい頃におたふく風邪を患った経験があると言われています。

見た目も重いが症状もヘビー。。おたふく病について

おたふく風邪の症状とは?

大人になってからのおたふく風邪は症状がとても重く、治りにくいのが特徴です。具体的には40度近い発熱、合併症を引き起こす可能性があります。その合併症の1つに生殖機能によるものがあります。男性がおたふく風邪になると睾丸炎になり、子供が欲しくても埋めなくなってしまいます。女性もしかりで、卵巣炎になると子供が産めない身体になってしまうのです。

予防について

おたふく風邪の予防にはうがい、手洗い、マスク着用などの日常生活で取り入れている基本的な予防策が必須です。また家族内に感染者がいたら、同じタオルを使わないことも大切です。

おたふく風邪にはワクチンがあるのですが、任意接種となっていますので、受けない乳幼児も増えてきています。他からもらってきておたふく風邪になると免疫が出来ますから、大人になってからおたふく風邪に悩まされることもなくなります。

また妊婦さんの場合、初期の血液検査でおたふく風邪の免疫があるかどうかも調べられますから、その時に免疫がなかった場合は予防接種を受けることが出来ます。

おたふく風邪になる前に

おたふく風邪と言ってもなかなか侮れない症状ですが、事前に防ぐことの出来るワクチンがありますから、是非打っておきましょう。もし子供を持っているママさんなら、小児科でワクチン接種をオススメします。大人になってから重症化するより、数回のワクチン接種で予防出来るならそれにこしたことはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick