// //
list

出産後の妊娠線を消す方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

一度できると消えないと言われる妊娠線ですが、どうにかして消したいと思っている女性も大勢いるでしょう。妊娠線とは妊娠中に急激に体重が増えたりして、皮膚が伸びることに追い付かずにできてしまうもの。残念ながら妊娠線は一度できると完全に消すことはできません。

しかしその代わり、妊娠線は予防したり、すでにできてしまったものを薄くすることは可能なんですよ。

出産後の妊娠線を消す方法

バイオイルが人気

そんな妊娠線を消すことに苦労している、望んでいる女性に人気なのがバイオイル。妊娠線以外にも使える保湿オイルです。バイオイルはピュアセリンオイルというものが配合されており、ビタミンAビタミンEを多く含んでいます。ビタミンAやビタミンEは肌への浸透力が弱くどうしても美容液やオイルはべたつきが多くなってしまうものですが、バイオイルはさらりとしたつけ心地で保湿効果も期待できます。

妊娠線ケア

妊娠線をケアするためには適量(2、3滴)を手のひらにとって、両手の体温で温めてから気になる部分に塗りこみます。1日2、3滴を使用すれば良いので費用もそんなに気にならないでしょう。ただし、トラブルの原因にもなりますので、傷や腫れがある部分には完治するまで使わないようにしましょう。

妊娠線の予防策

「ママになっても水着はビキニが着たい!」という女性には、妊娠線ができてしまう前に十分なケアをしておきたいところ。すでにできてしまっている方はバイオイルなどで妊娠線を薄くする対処法が良いでしょう。バイオイルはキズなどの痕にも効果がありますから、キズついた場所に塗ることでキズを薄くすることもできます。

妊娠線が薄くなるかどうかは個人差もありますので、まずは試してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick