list

大人・子ども問わず注意が必要!?プール熱(咽頭結膜熱)について

このエントリーをはてなブックマークに追加

プール熱とは夏場のスイミングを通して感染することによりその名前がつけられています。保育園や幼稚園に通っているとプール熱になることがしばしばあるようです。流行は夏場に集中しますが、一年中感染の可能性は捨て切れません。また大人になってから特効薬がなく、自然治癒するまでに非常に時間がかかると言われています。

大人・子ども問わず注意が必要!?プール熱(咽頭結膜熱)について

プール熱はどんな症状なの?原因は?

プール熱の症状としてあげられるのが発熱やのどが腫れる、目の充血などがあります。他にも吐き気や下痢、頭痛など様々な症状が現れますから、決め手というものはありません。プール熱の特徴の1つに熱が下がりにくいという点があります。

原因としてはアデノウイルスによる感染症です。呼吸器症状が出る重症化するケースもあるため、プール熱を出した子供を持つ親はしっかり看護を怠らないようにしましょう。

治療法はあるのですか?

プール熱には特別な特効薬のような治療薬はありません。ですから対処療法となります。高熱には解熱剤を、目の炎症には点眼薬を、というように、症状に合わせて治療を行っていきます。

水分を充分に摂らせ、おかゆやうどんなど喉越しの良いものを与えると良いでしょう。熱は5日ほどかかる可能性もありますが、1週間や2週間で完治する可能性もありますから、それほど心配しないでも良いかもしれません。ただし、乳幼児の場合、急変する場合がありますから、自分の子供が何かおかしい、熱が下がらないなどの事態に陥ったら、すみやかに医療機関に連絡を取れるようにしておきましょう。

ワクチンがない!?

プール熱にはワクチンがありません。感染力が強く簡単に広がってしまうアデノウイルスのワクチンは日本では出来ていないのです。そこで対策としては予防策を取るしかないのです。感染した場合、家族全員にかからないように隔離し、使ったタオルや下痢をした場合は手袋をして処理することが望ましいとされています。

症状が治まってからでも便にウイルスが残っている場合があるため、オムツの処理にはくれぐれも注意を払いましょう。大人でも感染するプール病、子供の場合は重症化する可能性もありますから親の見守りはしっかり行いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Editor's pick