// //
list

もしも『ものもらい』になっしまった時の対処法とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

ものもらいになったことがある方ならお分かりになると思いますが、ものもらいになると目がゴロゴロしたり、赤く腫れたり痛んだりと、非常につらいものです。では、もしものもらいになったら、どのように対処すればいいのでしょうか。

もしも『ものもらい』になっしまったら対処法まとめ

ものもらい麦粒腫の治療法

実はものもらいには全部で2種類あります。ひとつは麦粒腫です。一般的には抗菌点眼や軟膏で治療することになりますが、時には内服薬を処方されることもあります。かゆい場合は清潔なタオルを使って冷やすなどしましょう。決してこすってはいけません。点眼や軟膏によって化膿を抑え、これ以上ものもらいができないようにします。目の周りは清潔にすることが第一で、洗顔のときは低刺激性の石鹸を使用しましょう。

アイメイクやコンタクトレンズも控えましょう。ものもらいの大きさや量、度合いにもよりますがおよそ1週間で回復すると言われています。

ものもらい霞粒腫の治療法

もう一つのものもらいが霞粒腫です。この場合は温シップによる治療を行います。治療しなくても、1ヶ月位すれば自然と消えることがほとんどです。ですがしこりが大きかったり、角膜を押すようなことがあれば、切開しなければなりません。というのも、角膜が押されると、乱視になることもあるためです。また別の治療法として、しこり周辺に副腎皮質ホルモンを注射し、吸収させるという方法もあります。

ものもらいになったら

ものもらいくらいで病院にかかるなんて、と思う方もいるかもしれませんが、ものもらいも立派な病気です。症状がつらい、痛いなどという場合は、必ず眼科を受診し、正しい対処をしてもらいましょう。いずれにせよ目の周りは清潔にすることが第一ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick