// //
list

その肩こりの原因は胃下垂!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

胃が通常の状態よりも下に下がってしまい、お腹の下がぽっこり出てしまうのが胃下垂です。体系に悩んでいる女性も多いようですね。痩せているのにお腹だけ出ているのは胃下垂の可能性大です。胃下垂の症状や、肩こりの関係性についても考えてみましょう。

その肩こりの原因は胃下垂!?

筋肉や筋膜が固くなり血行不良を起こす

筋膜は全身を1枚のシートで覆っているように皮膚下に存在しています。肩にはそのシートがかかっており、肩は筋膜が重力によって伸び、胸部の骨格が傘を閉じるように下がるほどの状態になり、可動域も狭くなります。

この全身を覆うシートに栄養が届かなかったり、胃や内臓を保つ筋肉が衰えると胃下垂になるようです。すると胸の厚さが薄くなり、うつ病に近い状態、身体を動かすだけで痛みを感じる、肩こりが常にしている状態になってしまうのです。

腹筋を鍛えると胃下垂は治る?

胃下垂をただすためには規則正しい生活はもちろんのこと、食事もバランスよく食べることが大切です。またもう1つ重要なことは腹筋を鍛えるということです。下がってしまった胃を内臓の筋肉で押し上げる必要があるんですね。ただ腹筋をするだけではなく、下腹の筋肉を鍛えるような腹筋が望ましいでしょう。

終わりに

胃下垂の人は腹筋力も弱い傾向にありますから、いきなり筋トレなどを始めても続かないケースが多いようです。ですから自分のペースに合った筋トレを続けましょう。また猫背や姿勢が悪かったりすると胃下垂の可能性もありますから、意識して普段の姿勢を考えてみましょう。胃下垂の可能性はありませんか?チェックしてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick