// //
list

糖尿病の基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活習慣病でもある糖尿病にはⅠ型とⅡ型の2種類あります。一般的に言われている糖尿病は、Ⅱ型糖尿病です。インスリン作用が不足することで起こる高血糖状態になります。

空腹時、通常であれば血糖値は110mgdl以下で、食後2時間もすれば上がった血糖値は元に戻ります。ところが糖尿病の人はこの数値がほとんど戻らず、高いままなのです。

糖尿病の基礎知識

2種類の糖尿病

Ⅰ型糖尿病は自己免疫異常が原因で、インスリンを作り出すことができません。8~12さいころの発症が多いのですが、最近は成人も発症します。Ⅱ型糖尿病は糖尿病患者の98%にものぼり、40歳以降がかかりやすいといわれています。

多因子遺伝によって、家族性で起こります。日本でも患者数が急増中で、50歳以上の10%はⅡ型糖尿病にかかっているといわれています。

Ⅱ型糖尿病の症状

症状としては、口が渇く・水をたくさん飲む・大食い・体重が減る・体力が減るといったことが挙げられますが、さらに疲れやすい、感染症にかかりやすいということもあります。

また尿が甘いにおいを発するということもあり症状が進むと消化器に以上が見られたり、意識障害を起こし、最終的に昏睡状態に陥ります。足の先の血行が悪くなることで壊死する、網膜症など、さまざまな合併症を伴う恐ろしい病気です。

事前に糖尿病を防ぐことが大切

糖尿病対策で大切なことは、偏食をやめる、生活習慣を改善するなどまず何より予防をすることです。この病気は一度かかると治ることがありませんから、一生付き合っていかなければなりません。声なき病気、現代病とも言われる糖尿病。生涯糖尿病の症状に悩まされる前に、まずは予防することを心がけてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick