// //
list

アレルギー性結膜炎の症状と対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

アレルギー性結膜炎はアレルギー性疾患の一種で、アレルギー性結膜炎の症状は結膜を中心に症状が出てきます。アレルギー性結膜炎とは何か見ていきましょう。

アレルギー性結膜炎の症状と対処法

アレルギー性結膜炎とは

結膜とは眼を覆っている膜のことを指します。まぶたの内側から白めの全面に伸びている透明な膜のことです。その結膜がアレルゲンの侵入によって炎症を起こしている状態がアレルギー性結膜炎なのです。

症状

アレルギー性結膜炎の症状としてはかゆみが生じることでしょう。またアレルギー性結膜炎とかゆみは切っても切れない仲なのです。かゆみは眼の内側、裏側を中心に現れますし、眼が熱くなったように感じる人も多いようです。

また指でいじったりかいたりすると眼の腫れを引き起こし、ゼリー状のめやにが出たりまぶたが腫れるというケースも少なくありません。

アレルギー性結膜炎への対策

アレルギー性結膜炎の場合、アレルゲンを抑えることによって症状を食い止めることができます。花粉症は実はアレルギー性結膜炎の仲間に分類されることがあるようです。ハウスダストなどもアレルギー性結膜炎の原因になったりしますので、引越ししたばかりなのに眼に痒みがあるという状態が出る場合は、ハウスダストを疑ったほうが良いでしょう。

アレルゲンは他にも犬や猫の毛、など色々なものがあります。眼がゴロゴロしたり、重い、というだけの症状の人もいます。コンタクトをしていると大丈夫だという人も多いようです。

治療法としては点眼薬を使います。ステロイド系点眼薬で多くの場合治りますから、あまりに不快な状態が続くようでしたら一度眼科を受診したほうが良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick