list

その食事大丈夫!?『食中毒』にまつわるエトセトラ

このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨の時期になるとムシムシ、じめじめが続き、なんとなく身体もだるく感じる時期でしょう。しかし5月から9月は食中毒のピークとも言われています。予防するためには食事をどのように守ればよいのでしょうか。食中毒に関するエトセトラをまとめてみましょう。

その食事大丈夫!?『食中毒』にまつわるエトセトラ

手洗いの徹底

調理前はもちろんのこと、調理中や下処理後にも必ず手を洗うことは大切です。手洗いを行っても調理器具に菌が付着しているケースもありますから、手と共に調理器具も一つ一つ洗いなおすことが大切です。

食品管理の注意点

買い物時には生鮮食品は新鮮なものを選ぶことはもちろんのこと、特に肉や魚・野菜などはほかの食品に触れないように袋に別に分けておきましょう。缶詰や真空パックの食品にも菌は入り込みますから、充分に注意が必要となります。解凍する場合は電子レンジが便利です。

調理は火を充分に通すこと

食品自体は流水でしっかりと洗い流します。調理前や調理後、室温に置いたままの食事は厳禁です!殆どの細菌については加熱によって死滅しますが、充分な加熱処理が必要なことを覚えておきましょう。

作り置きの味噌汁、カレーやスープなどはもう一度しっかり加熱処理をしましょう。調理後は早めに食事を済ませ、取り置きする場合は冷蔵庫、冷凍庫に保存します。手からも感染することのある細菌もいますから、手の傷などもしっかりチェックしましょう。

食中毒の症例

食中毒の症状は吐き気や下痢、腹痛や発熱など様々です。思い当たることがない、と思っている人も多いようですね。食後2~3時間で発症する場合や1日~2日後に症状が出るケースもあります。早めに医師の診察を受けることが大切です。

夏でも生ものは避け、出来るだけ温かく火の充分通った食事を心がけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick