list

お茶ってやっぱり体に良いの!?その種類と薬用効果について

このエントリーをはてなブックマークに追加

お茶は日本人に親しまれているものです。ほっとしたリラックスタイムに飲むお茶は格別に美味しいと言われています。また食後のお茶もほっとすると言われていますね。そのお茶の効能について知っておきましょう。

お茶ってやっぱり体に良いの!?その種類と薬用効果について

緑茶

日本人が飲むといったらコレ!というほど日本人に馴染みのあるのが緑茶ですね。中国産のツバキ科の低木で、日本では宮城や山形県以南で栽培されています。

ガンや生活習慣病を防ぐ効果を持っており、二日酔いの解消や高血圧、肥満防止などにも役立ちます。特に注目されているのがガンに対する効能で、緑茶の産地として知られる静岡県でのガン患者死亡率は男女共に低いそうです。緑茶に含まれるカテキンという抗酸化物質が関与しているのではないかと見られています。

ルイボスティー

抗酸化作用が高く、美味しく飲めるお茶として女性に人気が高いものです。余分な活性酸素を除去する働きを持っているため、身体を錆びから守ってくれます。いつまでも若々しく元気でいたい女性にとってルイボスティーは欠かせない存在と言えます。

トチュウ茶

トチュウ茶も最近では日本でよく見かけるようになりました。コレステロールを低下させ、中性脂肪やダイエット効果があり、自律神経を正常化してくれる役割を持っています。

ダイエット効果が高いことから人気になったお茶で、メタボリックシンドロームを防ぐことも出来ると話題になっています。老化現象を防ぐという効能も持っているため、非常に注目されているお茶なのです。

どくだみ茶

どくだみ茶も日本人には今ではお馴染みのお茶となっています。内臓を綺麗にしたり、肌荒れ防止に役立ったり、利尿作用により膀胱炎を予防したりと女性に嬉しい効能がたくさんあります。どくだみ茶は独特な香りのするお茶ですが、慣れるとそれほど酷いものではありません。冷たく冷やすとニオイが軽減しますから、オススメですよ。

日頃からお茶を飲むようにしよう

このようにお茶には様々な効能が含まれています。健康に良いと言われるお茶は何種類もありますので、それぞれ効能に合わせて飲んでみるのも良いでしょう。ただ、一ついえる言えることは妊婦さんには飲んではいけないハーブティーがあるということだけ伝えておきましょう。ハーブティーを楽しむ際にはしっかり成分を調べてから楽しむようにしましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick