// //
list

10%の確率!?妊娠糖尿病ってなんだろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠糖尿病という糖尿病が新たに診断されるようになって久しくなります。一度でも妊娠したことのある女性なら、妊娠糖尿病の話は助産師さんから説明を受けているはずです。原則として妊娠糖尿病と呼ばれる症状は妊娠以前に糖尿病にかかっていないケースを言います。妊娠中に血糖値が高くなり、それが続くことが妊娠糖尿病なのです。

10%の確率!?妊娠糖尿病ってなんだろう

原因は一体何?

胎盤から出てくるホルモンが妊娠糖尿病の原因と考えられています。このホルモンはインシュリンの作用を弱めることになるため、血糖値があがったままの状態が続くことになるのです。これにより糖尿病のような症状が現れると言えます。

問題は胎児へもある

血糖値が高い状態が続くとどうなるのでしょうか。まず胎児にブドウ糖が送られすぎ、発育しすぎてしまうということがあります。それはそれで健やかに育っていて良いのでは?と考える人もいますが、子供が体内で大きくなりすぎると分娩の際に自然分娩が困難になるケースがあるのです。胎児は大きすぎても小さすぎてもいけないのです。

治療法はあるの?

治療法として考えられるのが、1日3食ではなく、数回に分けて食事を少量ずつ摂るという方法がオススメです。一度にたくさん食べるとインシュリンがたくさん出て、血糖値も急に上がってしまいます。このため、血糖値をおだやかにするために常に空腹感のない状態を続けておくことが大切です。

またスポーツドリンクや果物などにも糖分が入っていますから、注意が必要となります。妊娠糖尿病は妊婦のおよそ10%もの人々がなっているとも言われており、予備軍はその倍以上とも言われています。自分は違うだろうとは思わずに、ライフスタイルを見直して、健康な妊娠ライフを送りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick