// //
list

日常生活が原因!?『めまい』の基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加

めまいはいろいろな場面で起こります。急に立ち上がったときの立ちくらみをはじめ、疲れたとき、眠いとき、貧血のとき、熱があるときなどさまざまです。
ではなぜめまいは起こるのでしょうか。

日常生活が原因!?『めまい』の基礎知識

なぜめまいが起こるのか

めまいは耳の奥にある器官、三半規管や耳石器の以上で起こります。通常頭の傾き、回転を察知するのに使われているのですが、誤った情報伝達によってめまいが起こるのです。

実際健康な人は首や頭が傾いているという異常信号は発せられませんが、バランスが崩れると、今取っている姿勢、動きとはまったく違った情報が伝わるのです。そうすると、筋肉が反射を起こし、脳にも伝わってめまいが起こるのです。

めまいの原因

さまざまな病気でめまいは起こります。耳の病気をはじめ、小脳梗塞、脳出血、脳腫瘍などがあります。身近なところで見ると規律制定血圧症があります。

低血圧の人に多く、急に立ち上がることや長時間立ち仕事をすると、脳に血液が回らずにふらついたり気が遠くなるといった症状が現れるのです。心因性の原因もめまいにつながっているため、病気が関与していない場合は、日常生活を見直してみる必要があるでしょう。

めまいを予防しよう

日常生活が原因のめまいを起こさないためには、急に立ち上がらないようにする、立ち仕事の合間に休憩を入れるなど脳に血液が回るようにしましょう。さらにストレスなどでもめまいは起こりますから、ストレスを上手に発散していくことも大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick