// //
list

妊娠中は控えた方が良い食べ物について

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠すると、匂いなどに非常に敏感になり以前であれば非常に好物であったものが食べられなくなったりしてきます。結果的にいろいろなものに気を遣いますね。では実際にどのような食べ物は控えたほうがいいのでしょうか。

妊娠中は控えた方が良い食べ物

生のお肉や魚介類

肉は普通火を通して食べるものですが、ここで気をつけたいのは、生ハムやレアステーキなどです。レバ刺しは規制が厳しくなっているため、食べる機会も少なくなりましたが、レバ刺しも控えたほうがいい、という人はいます。生のお肉は細菌トキソプラズマ感染の危険性があるため、控えた方がいいでしょう。

また魚介類ですが、日本人は生魚を食べてきた文化がありますから、妊娠中でも食べる人は食べます。ですが怖いのはノロウィルスです。二枚貝による感染が多いといわれており、感染すると吐き気嘔吐下痢といった症状に悩まされます。

普段口にするものの中にも危険性がある

普段口にするチーズの中でもカマンベールなどの柔らかいチーズや、カビが生えているブルーチーズには、リステリア属細菌などがあります。流産、早産、死産につながることもありますので控えましょう。またお菓子作りが趣味、という方はクッキーの生地を生のまま口にしないように気をつけましょう。クッキーを焼く前に味見したり、手についたものをペロッとなめることは、生の卵を口の中に入れることになりますので避けましょう。

妊娠中は食べるものに気を使いましょう

あまりアレもダメ・これもダメとなってしまっては妊娠中の楽しみが激減してしまいます。実際は「量を制限すれば大丈夫」というものも多く、たとえばカフェイン・高たんぱく食品・水銀を含むカジキやサメ・ツナなども食べられるのです。が、やはり注意に越したことはありません。栄養指導を受けられる産科なら、一度栄養指導を受け、詳しく聞いてみるのもいいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick