// //
list

歩く靴のシューズタイプでこんなに変わるの?スタイルへの影響(ハイヒール、パンプス、スニーカーなど)

このエントリーをはてなブックマークに追加

靴を履く時は、皆さん上下のコーディネイトとして選びますよね。ちょっとオシャレなよそ行きならビジューつきハイヒールやミュール、パンプスならどこへでも活躍しますし、スニーカーはスポーティな感じを出します。しかし一歩間違えれば靴が身体に影響を及ぼすこともあるのです。

歩く靴のシューズタイプでこんなに変わるの?スタイルへの影響(ハイヒール、パンプス、スニーカーなど)

ハイヒールがあたえるスタイルへの影響

仕事の都合でハイヒールを履かねばならないという場合があります。例えば受付などです。ハイヒールを履くと腰の骨が前に沿った形になるため、腰痛にかかりやすいと言われています。

パンプスがあたえるスタイルへの影響

パンプスはつま先に向かって細くなっているものが多いので、長時間歩くと身体の調子もおかしくなります。

足が痛いからといってパンプスをオーダーメイドで作る人もいますが、足が痛くならない方法としてはパンプスを脱ぐしかないのです。履き心地を求めるのであれば、いかに靴の中で足がずれないかを計算しておきましょう。市販のパンプスでも安価でも優秀なものはあります。ようするに自分の足の形にフィットしていれば良いのですから。

スニーカーがあたえるスタイルへの影響

スニーカーは一番合わせやすい靴だと言えます。しかし最近のスニーカーはデザインが重視されているものも多く、先端に向かって細くなっているデザインや全体をスマートにしたものが多いようです。しかしそんな中でも老舗ブランドのスニーカーは履き心地が良いと評判です。

一旦試し履きをしてみて、何度か足踏みしてみましょう。かかと指人差し指程度のゆとりが必要となります。安定したスニーカーを手に入れるととても歩き方に変化がありますので、取り入れましょう。

身体のゆがみは靴底に

あなたの身体は果たして歪んでいるのでしょうか。それを調べるには靴底をみて下さい。どちらか左右、極端に減っている場所はありませんか?そこを中心にバランスをとっているためそうなるのです。全体的に磨り減っているのは姿勢が正しいというわけですね。

ハイヒールもパンプスもスニーカーも自分の脚にフィットしたものが大切です。オーダーメイドで作るのも良いですが、既製品でも十分自分の脚に合ったものを選ぶことが出来ますから、少なくとも3店舗くらいは靴屋さんを回りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick