// //
list

肌タイプ別、冬のスキンケアまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

インフルエンザや乾燥肌など、冬には危険がたくさんあります。年齢と共に冬になるとなんだか体中カサカサして痒くなってきたという場合もありますね。しかし感想するのは肌だけではないのです。冬は体内の水分まで奪ってしまうため、インナーケアも必要になります。

肌タイプ別、冬のスキンケアまとめ

肌脱水に負けないで!

乾燥した肌はどうしてもシワがよったり老けて見えるものです。そのためには十分に肌に潤いを残さねばなりません。角質層が乾燥で弱まるとバリア機能が作用しなくなり、吹き出物が冬なのに出来るという現象が起きます。

ストレスに耐えないで!

ストレスも皮膚の健康状態をキープするためには必要なものです。乾燥肌になってしまう前にケアを行いたいものです。例えば化粧水をしゃばしゃばしていたものをとろみ系のある保湿効果の高いものに変えたり、美容液を投入するのも良いでしょう。洗顔はしっとりタイプを使うのが良いです。仕事も忘れて自分の肌と向き合うことも時には大切なことですよ。

洗いすぎはNG!

いつも濃いメイクだからといって、しっかりクレンジングするのは大切ですが、洗顔をいつまでも繰り返すのはNGです。外敵刺激から守ってくれる角質層はラップ1枚程度の薄さとも言われているのです。そこにバリア機能が働いてくれているので、あまりに洗いすぎるとバリア機能がなくなってしまいます。そのため、冬の乾燥を防ぐには適度な洗顔、しっかり保湿がマストです。

この冬は寒くなりそうですね。そんな時こそ防寒、そして個人的にはワセリンがオススメです。どこの薬局でも販売している昔ながらの保湿クリームです。赤ちゃんにも仕えるので、1つあれば色々なケアに使うことが出来ますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick