// //
list

タイプ別で見せ方も変わる!?ネイルアートの爪の形

このエントリーをはてなブックマークに追加

マニキュアが浸透し、さらに進化したのがネイルアートです。ポリッシュという素材を使い、カラーやストーンを長持ちさせる方法です。ネイルキットが販売されていますから、自宅でもネイルアートを楽しむことが出来ます。タイプ別に見ていきましょう。

タイプ別で見せ方も変わる!?ネイルアートの爪の形

ラウンド型

サイドはストレート。先端には丸みを持たせてあるスタイルです。ナチュラルメイクにほどよく合い、爪の長さもあまり関係ありませんから誰でも似合う爪になることが出来ます。

オーパル型

ラウンドの角をさらに削った形で印象としては丸みを帯びた可愛らしさを感じます。女性らしいイメージを見せるのにはオススメでしょう。

ポイント型

オーパル型の過度をさらに削り、先端をシャープに見せる形です。自爪は割れやすくなりますから、強度は良くなり、先端にいくに連れて割れやすくなります。ジェルネイルなどコーティングすると良いと言われ手います。オシャレ上級者にはポイント型が選ばれているようです。

スクエア型

その名の通り、角のあるネイルです。日常生活において、特に冬場ではタイツにひっかかることが多いので、多少不便はあるでしょう。こちらも独特なデザインなのでオシャレ上級者のアイテムと言えます。

爪の形で女らしさをアピール

このように爪型1つとっても女性らしさをアピールするには充分なのです。最近流行のジェルネイルも良いですが、気軽に楽しみたいという人はマニキュアがおしゃれです。昔のマニキュアみたく取れやすいこともなく、強度もしっかりしていますから、長く楽しむことが出来ますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick