list

トイレがツラい。。尿管結石の症状と治療法

このエントリーをはてなブックマークに追加

尿路結石というものを聞いたことがあるでしょうか。男性がなるものだと思っている人も多いようですが、女性でも症例があるようです。

トイレがツラい。。尿管結石の症状と治療法

尿路結石の症状とは?

腎臓で排泄される尿は、尿管を通って膀胱に貯まります。1日数回尿道から体外に排出される仕組みになっています。

患者さんの中には無自覚の人も多く、突然の激痛に救急で運ばれてくるケースもよくあることだと言われています。下腹部痛血尿頻尿などの症状が出るのが主となっています。

この尿路結石は稀な病気ではありません。日本人男性のなんと11人に1人はかかっていると言われているのです。それを体験せずに人生を終えることが出来る人は稀ということですね。

尿路結石の治療はどんなものがある?

まず自然排石を待ちます。
しかし大きな結石だったり痛みの繰り返しが激しかったりする場合は治療の対象となります。

開腹手術ではなく、多くの場合外からの衝撃派をあてて石を細かく刻んで、自然な尿からの排出を促すことが治療法として最もポピュラーなようです。
外からの衝撃で石が割れるのか?と思われますが、特殊な衝撃派を標準をしっかり合わせてあてるため、細かく石を砕くことが出来るのです。

また尿管に管を通して石を取り出す手術もあります。麻酔はかけますから痛いと感じることはないようです。衝撃派を加えるより確実に結石を取り除くことが出来るのがこの方法です。

しかし何故石が体内に出来るのか?

しかしここで疑問が出てきます。何故体内に石が出来てしまうのでしょうか。それはシュウ酸尿酸がカルシウムが結合し、石になるからです。尿の濃度が飽和状態になると結石になると言われています。

汗をたくさんかいたあとはスポーツドリンクや水分をとりなさいと言われていますが、よくよく考えるとこの結石を作らないためであるとも考えられます。体内で石が出来るのは尿路結石だけではなくて胆石という病気もあります。同じく石なのでカルシウムが作用していることになります。人間の身体にはまだまだ未知数なところが多いので、医学では解明できない謎も多いのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Editor's pick