list

疲れ目による肩こりを治す方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

目が疲れると頭が痛くなる、という方も多いでしょう。確かに頭痛の原因として眼精疲労が挙げられます。長時間同じ姿勢でものを見続けることで足先や手先などが血行不良を起こし、眼精疲労や肩こりにつながります。

ここでは肩こりを治す方法をご紹介しましょう。

疲れ目による肩こりを治す3つの方法

一番いい方法は温めること

目の疲れによる肩こりなら温めることが最適です。
最近は目元を温める蒸気アイマスクなどが販売されていますので、活用してみてもいいですし、蒸しタオルを作って目元を温めるのもいいでしょう。肩こりを今すぐどうにかしたい場合は、直接患部を温めてもかまいません。肩を温めるための温熱パッドなどがありますので、利用してみてください。

お風呂に入るのもお勧めです。ぬるめのお風呂にゆっくりとつかることで、目の疲れや肩こりを和らげることができます。炭酸風呂の素など、入浴剤を活用するのも一つの方法です。同じ入浴法でも、足湯は足の血行をよくしてくれますから、取り入れてみるといいでしょう。

マッサージもお勧めです

肩を直接マッサージし、筋肉のコリをほぐすのも応急処置になります。目が疲れている場合はこめかみを押してみる、目頭を押さえてみるのもいいでしょう。マッサージ器を使うのもいいですし、手軽に使えるハンドマッサージ用品をそろえてみるのもいいでしょう。

予防に努めましょう

目の疲れからくる肩こりは紹介した方法で対処できますが、予防すれば悩まされずにすみます。パソコン・スマホを使う人は目をしっかり休ませること、蒸しタオルを使用することや血行を良くすることなど、さまざまな方法があります。ぜひ実践してみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick