list

排尿時のこの痛みは病気!?排尿障害について

このエントリーをはてなブックマークに追加

排尿した際に強い痛みを感じると、それは病気のサインかもしれません。日常生活から考えられる原因をあげてみましょう。

排尿時のこの痛みは病気!?排尿障害について

年齢による機能の変化

年齢を重ねると腹圧が低下し、膀胱の筋肉量が減ります。そのため前立腺が肥大することがあり、尿の通り道を圧迫することであまり尿が出ないというケースがあるのです。そのため、トイレ後ももやもやした気分になる場合があります。

何度もトイレに行きたくなる

何度もトイレに行きたくなったり、尿意を感じるのが膀胱炎です。尿を出し切れていない、痛みを感じる、血が混じるなどの症状が出たら、それは膀胱炎と見て間違いないでしょう。

膀胱炎の予防法とは?

痛いからといってトイレをガマンするのは厳禁です。水分を多めに摂り、積極的にトイレにたつようにします。下半身を冷やさないということも必要です。また対処法として排尿困難な場合は診察を受ける必要も出てきます。細菌を排出すれば細菌性の膀胱炎は治るのですから、抗生物質を服用することも必要になります。熱が出ても37度前後だと言われています。近くの泌尿器科で受診することがオススメです。通うほど酷い障害になっている場合は大きな病院を案内されることもあるようです。

排尿困難は日常生活に多大なストレスをかけることになります。そうならないためにも日頃から予防策をとり、適度な運動で腹筋を鍛えたり、水分をこまめにとってトイレをガマンしないようにしましょう。また柑橘類を積極的に取ると理想的と言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Editor's pick