// //
list

水疱瘡(みずぼうそう)の症状と治療法、定期接種について

このエントリーをはてなブックマークに追加

水疱瘡は子供の病気と思っていませんか?確かに水疱瘡にかかる子供は多いです。しかし予防接種で防げる病気ですから、ワクチンを打っておく必要があります。そこで問題なのが、水疱瘡のワクチン接種は任意であるということです。最近では予防接種自体が殆ど任意で行われることになっています。ママが必要と思うワクチンだけ接種させるようになっているのです。

水疱瘡(みずぼうそう)の症状と治療法、定期接種について

一昔前は必須だった?

ひと昔前は必須だった予防接種も、今では任意接種となっていることが多いのです。水疱瘡もそのうちの1つと考えて良いでしょう。日本では冬から春にかけて拡大するウイルスで、10歳以下の子供に多く見られます。

また軽い症状で済むと思われがちですが、稀に合併症を起こすこともある怖い病気であることに違いありません。昔は水疱瘡になった子供に移してもらって免疫をつけていた親もいるようですが、ワクチンで予防出来るならするにこしたことはないのです。

感染する病気であること!

水疱瘡のウイルスは感染力が強く、長期間体内に潜伏するウイルスです。体力の低下などによりウイルスが活動をはじめ、症状が出るという可能性があります。感染経路としてはくしゃみや咳で移る場合や手で触れた場合に起こることがあげられます。空気中から移る可能性もありますから、感染レベルはマックスと言っても良いのではないでしょうか。

ワクチン注射で水疱瘡予防をしよう

ワクチンで防げるウイルスなら、任意予防接種でも受けておきたいものです。また10歳以下の子供に多いと言われていますが、ウイルスの耐性を持っていない大人でもかかることがあります。大人の場合治療にとても時間がかかるため、やはり子供の時に水疱瘡をやっておけばよかったと言われています。ワクチンで予防出来るのですから、任意であっても受けておいたほうがもしものためには必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick