list

実際のところ『二日酔い』ってなんでなるのだろう?(原因となるメカニズムについて)

このエントリーをはてなブックマークに追加

お酒を飲むことが出来るようになると、飲み会などに参加することもあるでしょう。また二日酔いになったという経験者もいるでしょうね。飲み会の翌日、身体は重たく、のどはカラカラ。胃の不快感、頭痛など、これはお酒を飲みすぎたせいによる二日酔いの状態です。その原因はどこにあるのでしょうか。

実際のところ『二日酔い』ってなんでなるのだろう?(原因となるメカニズムについて)

アセトアルデヒド

二日酔いになる日もあればそうでない日もあります。二日酔いのメカニズムはいまだ詳しく解明されていませんが、アセトアルデヒドと呼ばれる物質の他にも様々な原因が複合的に関与していると考えられます。

体内バランスが崩れる

アルコールそのものが身体に表わす影響として自覚しやすいのはトイレが近くなるということでしょう。お酒そのものも水分ですし、過剰な水分を排出するのは当然ですね。しかし必要以上に尿が排出され、のどが渇いたり頭痛が起きたりするのです。

アセトアルデヒドはすぐに分解

アセトアルデヒドとはアルコールが分解されて出来る成分です。最終的に水と二酸化炭素になりますが、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドは皮膚が赤くなったり吐き気を催したりする症状を起こす可能性が非常に高いのです。個人差はありますがアセトアルデヒドは代謝が早く、すぐに翌日には分解されてしまうことが多いようです。しかしアルコール性低血糖になる可能性も高く、無気力だったり、倦怠感を感じることも多いようです。

自分の適量を知ることが大切

二日酔いにはアルコールが体内に入り、アセトアルデヒドになることで起こると考えられていますが、実際のところはまだ詳しくはわかっていないようです。

しかし飲みすぎにより肝臓がアルコールを分解出来ないことが要因であるようです。二日酔いにならないように、楽しくお酒を飲むためには飲みすぎ注意、自分の適量を知ることも大切です。過ぎたるは及ばざるが如し。楽しいお酒を自分の調子と重ねあわせて確認するとよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Editor's pick