// //
list

『痛風』で大好きなビールが飲めない。。になる前に痛風予防法

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビール好きな日本人はたくさんいますよね。中でも通風の症状に頭を抱えている人はいませんか。プリン体たっぷりのビールは通風に良い影響を与えず、通風の原因になっていたりするのです。それでも好きな人はビールを飲みたいですよね。通風の原因と症状、予防策などを見ていきましょう。

『痛風』で大好きなビールが飲めない。。になる前に痛風予防法

通風の原因と症状について

血中の尿酸が結晶化して発症する病気が通風です。多くは足の付け根が腫れ、激しく痛みを伴います。体内にプリン体というものから尿酸は作られ、食事で摂取されるプリン体も同じく尿酸になります。尿酸は尿と共に排出されますが、尿酸値があまりに高いと体内に尿酸が残ることがあります。体内で針状の結晶になり足の親指の付け根あたりを刺激するので激しく痛むのです。尿酸値の基準値は7.0mgなので血液検査などの際には注意してみるようにしましょう。

予防と対策について

ビールを美味しく飲むために通風の予防や対策をたてましょう。

まずプリン体の多い食べ物を控えることです。尿酸値を高めるのを避けるためですが、通風の人は尿路結石が出来やすい傾向にもあります。これを防止するためには水分を多く摂取することも大切です。さらに野菜海藻類を積極的に食べるという食生活の見直しも必要となります。

長期間に渡る管理を

痛風患者の多くは肥満体であると言われていますから、適度な運動を行うのも通風予防の1つです。激しい運動は急激に尿酸値をアップさせるため、逆効果になることがありますから、軽いものを継続的に続けることが必要です。

また上手にストレス解消をすることも大切です。溜まったストレスは趣味などに没頭することでリセットすることが出来ますから、ストレスはその日のうちにキレイにリセットするようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick