list

尿漏れを解消『骨盤底筋』の鍛え方

このエントリーをはてなブックマークに追加

尿漏れを改善するには骨盤底筋を鍛えることが重要です。骨盤底筋とは子宮や膀胱など、下腹部にある臓器を支えてくれる筋肉や靱帯などの総称となります。医学的にも骨盤底筋を鍛えることで、女性ならではのトラブルの解消をできると言われており、骨盤の位置を整えることもできるのでぽっこりと出てしまった下腹を引っ込めることもできるそうです。

尿漏れを解消『骨盤底筋』の鍛え方

骨盤底筋を鍛えることのメリット

骨盤底筋を引き締めるようにすることで、尿漏れなどの改善ができるのが大きなメリットですね。また女性ホルモンのバランスを整えることができ、生理不順であったりPMSの改善にもつながるとされています。さらに美容面で言うと、下腹のシェイプアップだけではなくヒップを上向きにすることもできるので、女性にとっては嬉しいメリットばかりです。

骨盤底筋の鍛え方 座って行うタイプ

骨盤底筋の運動は様々ですが、どの場合も基本的には膣を締めたり、ゆるめたりすることが基本です。座って行うトレーニングとしては、坐骨が真っ直ぐになるような感覚で背筋を伸ばして座って下さい。その後、股の間にクッションや丸めたバスタオルを挟み、おへその下あたりを意識しながら、腹式呼吸をゆっくりと行いましょう。この時、太ももの内側に力を入れるのですが、ゆっくりと息を吸いながら膣を締めていき、5秒ほどキープして下さい。次にゆっくりと息を吐きながら力をゆるめていき、これを繰り返します。

骨盤底筋の鍛え方 寝て行うタイプ

先ほどと同様にクッションか丸めたバスタオルを使います。仰向けになり膝を立て、太ももにクッションを挟んで下さい。後は先ほどと同じようにゆっくりと腹式呼吸を行い、その呼吸にあわせてトレーニングをします。20代から骨盤底筋は衰え始めるとも言われているので、1日に5分程度で良いのでトレーニングを行うことをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick