// //
list

お風呂上がりの立ちくらみって(原因と対策)

このエントリーをはてなブックマークに追加

お風呂のお湯温度が高めに設定してあると、立ちくらみが起こりやすいようです。特に女性に多くみられるのがお風呂後の立ちくらみです。これは起立性低血圧とも呼ばれるものです。

湯上りの立ちくらみは温かい湯に長く使っていると血管が拡張するので、そのせいで起こる症状です。

熱く感じるお風呂に長湯していきなりその場からあがると拡張した血管が急に収縮しますので、血圧の変動が激しくなり、一時的に貧血状態になるのです。

お風呂上がりの立ちくらみって(原因と対策)

危険な入浴

入浴は脱衣所からすでに危険が潜んでいます。熱いお風呂から急に立ち上がると血圧変動が起き、脳こうそくや動脈硬化、心筋梗塞の可能性が高くなります。若い人でも起こりうることなので、気を付けておきたいですね。

入浴するにはぬるめのお湯につかると良いでしょう。また長時間入っていたい方は半身浴がオススメです。

湯あたり

一時的な血圧変動で貧血状態になることを湯あたりとも呼びます。ぬるく感じるお風呂は少々長湯しても大丈夫なのですが、これが熱いお湯の温度だと、湯あたりしやすくなります。

ワンクッションおいてからお湯から上がることも必要です。肩まで浸かっていたら、その後半身浴の姿勢に、それから立ち上がるという一連の流れに沿ってお風呂を出ましょう。

脱衣所にも工夫を

また冬場などはお風呂場が温かいのに脱衣所が寒いということもあります。これも急激な血圧変動を招きますから脱衣所を事前に温めておくことが必要で、安心したバスタイムを楽しむことが出来ますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick