// //
list

男の自信回復!!もっとオープンに!包茎治療

このエントリーをはてなブックマークに追加

男にとってムスコの問題はとてもデリケートなものだ。対女性にしてもそうなのだが、同性であっても指摘されると精神的にくるものがあるので、治療を考えている人も多いだろう。そこでここでは包茎について考えてみたい。

男の自信回復!!もっとオープンに!包茎治療

包茎って

包茎というのは亀頭が露出しておらず包皮に包まれていることだね。大きく分けると3つに分類することができ、仮性包茎・真性包茎・カントン包茎とあり、それぞれに治療法も異なっている。仮性包茎は日本人の6割~7割程度が該当するといわれていて、ふだんは包皮に包まれていても戦闘態勢に入ると自然と亀頭が露出する状態のことだ。軽度のものなら特に気にすることもないし、入浴時にきれいに洗っておくと病気になることもないだろう。

真性包茎とは、戦闘態勢に入っても子どもの状態のままだというものだね。包皮がまったくむけないことから、不潔な状態になりやすく、病気を引き起こしやすいものだと言える。カントン包茎とは包皮の口の部分がせまく、途中からむけなくなった状態だ。ムスコが戦闘状態に入ると痛みが走ることもあり、すぐにでも治療しないといけないものだね。

切ってなおす包茎の治療法

では、包茎の治療法にはどんなものがあるかを確認しよう。基本的に包茎手術は余っている包皮を切除するのが一般的だ。理屈としてはとても解りやすく、多くの方法があるので自分にあったものを選ぶことができる。クリニック独自の切除方法を行っている美容外科などもあるので、見た目を気にするのなら色々と拘ることができる。手術の代金としてもまちまちだが、比較的に安価に済ませることもできることがあるので、色々と調べてみることをお勧めしておこう。ちなみに、真性包茎やカントン包茎の場合は保険適用されることもあるので、安価に治療できるのを覚えておこう。

切らないでなおす包茎治療

包茎治療には手術をしないでなおす方法もある。が、基本的にこの方法は軽度な仮性包茎の人にしか効果は期待できない。いわゆるビガーパンツ的なものを利用したり、自然と焼失する医療用の糸を使って包皮にむきぐせをつける方法が一般的だ。また、折角治療したとしても、時間の経過とともに元に戻ってしまうこともあるので、絶対的な方法ではないと言えるだろう。ただし、比較的に安価で治療が行えることから、仮性包茎の場合は切らない治療法を選ぶことも多いそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick