list

『風邪』のときにおすすめの食事法

このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪をひいた時、独り暮らしだとなかなか食事も作れなくて心寂しいものです。また子供が風邪をひいてもどうケアしたらいいのか分からないという初ママさんもいますよね。

風邪で食欲不振の時の食事法を考えてみましょう。

『風邪』のときにおすすめの食事法

風邪でも食べられるサポート食品

おかゆは昔から風邪をひいた時の定番で、口当たりもよく消化にも優れています。また長ネギは血行を促進する働きを持っており、疲労回復に繋がりますし、ビタミンCが豊富です。ショウガは整腸作用を持っており、発汗や保湿作用があるので、たくさん汗をかいて、風邪ウイルスを身体から除外しようとサポートしてくれます。

牛乳やヨーグルト、アイスなどの乳製品は糖質、タンパク質を消化よく食べるのにオススメで、糖質やたんぱく質を摂取する機会が少ない子供にはこのような乳製品が良いでしょう。

また卵酒は風邪のひき始めを治す効果があると言われております。卵白にある成分が菌を殺し、粘液の排出を促して単や鼻水を体外へ出す手伝いをしてくれます。

ビタミンBが大切

オススメなのが特にビタミンBを含んだ食事です。うなぎ、豚肉、大豆には特にビタミンBが豊富に含まれています。炭水化物をスピーディにエネルギーに変換してくれるのがビタミンBなんですよ。消化が早く、老廃物を代謝してくれ疲労回復に繋がります。

風邪を治すには食生活から

このように昔ながらの食事や今でもよく使う食品が、風邪のひきはじめや風邪には効果的であると分かっています。

メニューにあるおかゆですが、食べられない子供の場合だと重湯でもよいかもしれませんね。塩で少し味付けしたり、梅干を入れると食欲増進になります。

忘れてはならないのが水分補給です。たっぷり汗をかくので水分は常に補給しておきましょう。ただし、オレンジジュースは嘔吐の引き金になるので柑橘系のものはやめておきましょう。スポーツドリンクが手軽で栄養補給にもオススメです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick