list

それぞれ違う「熱中症」「日射病」「熱射病」の違い!+もしもの時の対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

熱中症にも色々種類があります。それが日射病や熱射病です。この症状が重傷な場合は、死亡に至る危険性も潜んでいますから、放っておくと大変なことになります。身近なところで起きる熱中症には注意が必要です。

それぞれ違う「熱中症」「日射病」「熱射病」の違い!+もしもの時の対処法

日射病と熱中症の違い

日射病は炎天下で激しく動いたような時、汗がたくさん出て身体の水分が不足している状態を指します。いわゆる脱水症状を起こしている状態です。冷や汗が出ることもあります。

熱射病は身体の熱を発散できずに、体内に熱がこもった状態を言います。脈が速くなり、汗はかかず、皮膚が赤くなって乾燥発汗が停止、極めて危険とされる状態なのです。

応急処置

日射病の場合、木陰、クーラーなどの効いた涼しい部屋で十分休息をとることが大切です。また水分補給もしっかりしましょう。症状が良くならない場合は水分補給が出来ないので、病院へ受診して点滴で水分を補給するようになります。

熱射病の場合は冬に暖房の効いた部屋で厚着をしていると起こる可能性が高いです。原因は厚着によって外気へ熱の逃げ場所がなくなって、身体に熱がこもった状態になります。この場合熱を逃すことが最善なので、衣服を脱がしたり、冷たいタオルで身体を拭くなど楽な状態にしてあげるとすぐに良くなります。言動がおかしい、意識が戻らない、反応が鈍いという場合には病院を受診しましょう。

熱中症にかからないためには?

日射病と熱射病は共に熱中症の種類であることが分かります。これらは放っておくと生死にかかわる状態になるため、早めの対策が必要となります。

それさえ守れば熱中症にかからずに済みますから、この時期から実践していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick