// //
list

眠くないのに『あくび』がでるのはなんでだろう?

このエントリーをはてなブックマークに追加

あくびにはさまざまな説があります。
眠いからあくびが出るというのは当然のことですが、ほかにも眠くないのにあくびが出る、という経験をしたことがある方もいるでしょう。ではなぜ眠くないのにあくびが出るのでしょうか。

眠くないのに『あくび』がでるのはなんでだろう?

酸素を取り入れるため

あくびが出る原因はさまざまですが、あくびをすることで酸素を取り入れる、という説があります。緊張したり、物事に集中して呼吸も忘れるほどになると、体は当然酸素不足になります。この酸素不足を補うために、あくびが出るのです。

酸素を取り込むことで緊張を和らげ、脳に酸素を送り込み、活動的にしてくれるのです。

体温調整をするため

脳は非常にエネルギーの消費量が大きい部位です。そのため熱の排出量も多く、一部分が過熱し、機能が低下しそうになります。するとあくびによって外気の冷たい空気を取り込み、血液を冷やして脳に送り込もうとする、といわれています。

またある研究によると、体内温度以上の気温の中、人はあくびをそれほどしないという結果も出ています。

いろいろ考えられる原因

あくびは原因がまだはっきりと解明されていません。友だちや家族、恋人などと感情を共有するために「あくびが感染する」という説もあります。あくびのメカニズムはまだ奥深く、研究も進められています。どうしてもあくびをしたくなった、でも止めたい!そういうときは上唇をなめたり、深呼吸をするといいそうです。

もしあくびをしてはいけない場面であくびをしそうになったら、実践してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick