list

眠るだけで解消!?辛い肩こりをやっつけろ

このエントリーをはてなブックマークに追加

眠ると肩こりがよくなった、という経験をお持ちの方もいることでしょう。ですが実は、眠り方で肩こりの解消具合が違う、ということをご存知でしょうか。

では肩こり解消のためには、どのように眠るといいのでしょうか。

眠るだけで解消!?辛い肩こりをやっつけろ

眠る前にすること

肩こりを解消するためには、リラックスして眠ることが大切です。寝るとき、部屋の照明はできるだけ落としましょう。寝る前にはコーヒー、紅茶などのカフェインを摂らないようにしましょう。また、目から脳を刺激するテレビやパソコン、携帯やスマホは見ないようにしましょう。

この3つは、安眠のためにも大切なことです。また睡眠時の姿勢も大切です。

仰向けに眠り、ひざを少し曲げましょう。腰の負担を軽くするために、ひざの後ろに座布団などをはさむといいでしょう。うつぶせは体に負担をかけますので、肩こりだけではなく、腰や首も痛めることになります。

枕の高さに注意

寝るときの枕は高すぎても低すぎても肩こりの原因となります。眠る姿勢によって枕も高さを調整するといいでしょう。例えば横向きに寝るという人は、高さが必要です。低いと方がつぶれてしまいますので、寝起きの肩は痛くなります。

首と肩の間くらいの高さを選びましょう。枕を入れるのは首の下にし、頚椎を安定させましょう。柔らかさや硬さもちょうどいいものを選ぶようにし、分からない場合は枕専門店で相談するといいでしょう。

眠ることと肩こり

寝る姿勢や枕の高さを間違えると、肩こりは良くなるどころか悪くなってしまいます。肩こりを睡眠で解消するためにも、寝具選びからはじめてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Editor's pick