list

立ちくらみの原因から改善方法まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

たちくらみにはさまざまな原因があります。もしあなたがたちくらみに悩まされているなら、その原因と正式名称、対処法を知っておくといいでしょう。

立ちくらみの原因から改善方法まとめ

低血圧によるもの

たちくらみで多いのは低血圧です。
低血圧の人にしかわからない症状というのもありますが、低血圧は血行が悪く、体温も低い人が多いです。

解決策は体を温めて血行をよくすることです。たとえば夏に靴下を履く、おなかや手首、足首を冷やさない方法がいいでしょう。

またたちくらみがひどいようなら冷たい食べ物、飲み物を控え、お風呂などで体をしっかり温めましょう。貧血も原因として多いです。特に女性は生理中のたちくらみが多く、この場合貧血と脳貧血に分けられます。貧血なら鉄分摂取を多めにすることが必要ですし、脳貧血なら自律神経のバランスが乱れていますので、急に動かないことや規則正しい生活習慣を身につけましょう。

そのほかの原因と対処法

ほかに考えられるのが自律神経失調症です。睡眠不足や栄養バランスの乱れ、運動不足やストレスなどと、その原因はさまざまです。

対処法としては病院を受診することも大切ですが、規則正しい生活を送る、運動をするなど、まず身の回りのことから改善していってみてください。

たちくらみを予防しよう

たちくらみはさまざまな名称があるということをご存知でしょうか。その多くが目の前が突然暗くなる、眼前暗黒感です。めまいの一種ですが、続くと失神しますので、注意が必要です。たちくらみは原因によって対処方法が違いますので、それぞれの原因にあった方法で対処していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Editor's pick