// //
list

百害あって一利なし?タバコが体に悪い3つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

今やタバコが身体に悪いだなんてみなさんが知っていることだと思います。 喫茶店に入っても分煙、さらには全面禁煙といった対応が世間でもされており、喫煙者の肩身が狭くなっていますよね。

ですが、改めて「タバコのなにが身体に悪いのか」3つからお話いたします。

百害あって一利なし?タバコが体に悪い3つの理由

2種類の煙

タバコを吸うと白い煙がムクムクとでますね。このときにでている煙は、主流煙と副流煙の二種類があります。主流煙とは口から入ってくる煙のことで、副流煙は点火部から発煙される煙です。タバコの煙には3つの主な有害物質、ニコチンタール一酸化炭素が含まれており、吸っていない方にもこの煙は大きな影響があります。

ニコチンの代償

ニコチンは中枢神経を刺激して心拍数を増やし、血圧もあがります。そのため一時的に神経の異常をきたします。ストレスが解消されるという気分になるのはここに理由があります。しかし、その代償もあります。体内に吸収されたニコチンは一酸化炭素と一緒になることで循環器官系統の病気の原因へとなるのです。

タールってなに?

タールとは植物樹脂のヤニのことです。これが肺や気管を真っ黒にし、歯の色を茶色くします。ヘビースモーカーは毎年コップ1杯分のタールを飲んでると言われております。また発がん物質や発ガン性を高めるため、喫煙者はタバコを吸わない人に比べて重たい病気になる確率が非常に高くなります。

酸素が足りない?

タバコを吸うと、一酸化炭素が豊富に体内に作られているので、常に酸素が足りない状態に陥っています。頻繁に喫煙する人は慢性的な酸素欠乏状態となり、赤血球が増えるなどの影響もあります。このため一酸化炭素は血管の動脈硬化を促進するともいわれています。

「タバコは身体に悪い」と言われるとニコチンやタールばかり目が向きがちですが、実は一酸化炭素もとても恐ろしい病気を引き起こす原因の一つです。

禁煙への試み

テレビでも様々な禁煙への対策のCMが流れているのを目にしてもなかなかやめられないタバコ。また現代人は様々なストレスにさらされ、日夜それらと闘うためにタバコは必需品となっています。ですが、5年・10年。ストレスから開放されたとき、あなた自身の身体はどうでしょうか。病気に囚われ、新たなストレスにさらされているかもしれません。身体は資本です。遠くない未来を想像してみてください。その一本一本がまた積み重なる前に、一度深呼吸してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick