// //
list

やっちまった『二日酔い』になってしまってからの対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

忘年会や新年会などの機会に二日酔いになってしまう人、多いですよね。二日酔いになってしまうと、頭痛がしたり、吐き気をしたりで不快な症状に悩まされ、次の日が非常に重く感じ「もう絶対に二日酔いにならないようにしよう!」と考えたりするものです。しかし、気づけばまた飲みすぎてしまって二日酔い…という人も少なくありません。そこで二日酔いになった時に効果的な対処方を考えてみます。

やっちまった『二日酔い』になってしまってからの対処法

二日酔いの種類別対処方

実は単純に二日酔いと言っても様々なものがあります。二日酔いの対処法を考える時には症状別に見ていく必要がありますが、最も代表的な例がズキズキとする頭痛タイプの二日酔いです。これは日本酒を飲んだ時に多く見られるもので、アデノシンという成分などが原因となってこの症状が起こります。このケースでは血管を収縮させることが重要となっており、コーヒーを飲んだり、牛乳を飲むことで一時的な対処をすることが可能です。

だるさや食欲不振などを起こすケースの対処方

二日酔いの中で最も多いのが、身体のだるさや吐き気などを訴えるケースです。これは脱水症状が起こっている時に症状として出てくることが多くあります。アルコールは肝臓で分解されていきますが、無害な成分に分解するために大量の水分が使われます。結果、脱水症状を起こしてしまって、だるさや吐き気などを感じてしまうのです。このケースの対処方としては、水分を補給するためにスポーツドリンクを飲むと良いでしょう。また、しじみのお味噌汁なども効果的であると言えるでしょう。

低血糖によるケース

アルコールを分解する時に、肝臓は非常に活発に働くことになります。この時グリコーゲンを多く使用するため、低血糖の状態を引き起こしてしまうことがあるのです。低血糖になると、頭痛や全身のだるさ、筋肉痛などの症状が顕著に出てきます。このケースでの最善の対処法は糖分を摂取することです。特に果糖の摂取がお勧めで、果物のジュースを飲むと症状が和らぎます。オレンジジュースやスポーツドリンクなど、飲みやすく体に入って行きやすいものがお勧めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick