list

冷え性を改善する3つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

秋くらいから、冷え性の人は手足に冷えを感じるようになってきます。ショウガがよく身体を温めてくれると言いますが、その他シナモンやトウガラシなども冷え性に効果的な食べ物はあります。

冷えに効果的な食べ物を毎日の中に取り入れることによってインナーケアしていきましょう。無理なく続けられる3つの方法を伝授します。

冷え性を改善する3つの方法

まず白湯で冷え対策を

朝起きたら体温より少し高めの白湯を飲むことを習慣づけましょう。朝は1日のうち最も水分が奪われている状態です。白湯を吸収しやすく、体温も低いので白湯で身体を温めることが出来ます。

白湯を飲めば胃や腸が温まり、活発に体内が動き出します。代謝も上がるため熱を作り出すパワーが出てきて、冷えには最適なんですね。

身体を温める食材で体質改善

普段口にする食べ物のことをどれくらい知っているでしょうか。食品には身体を冷やす食べ物と温める食べ物があります。冷え性の人は意識して温める食べ物を摂取することが大切なんですよ。

身体を温める食べ物は、寒い時期にとれるもの(旬のもの)、寒い地方でとれるもの、色の濃いものや土に埋まっているものが代表的です。

1杯のオリーブオイルでぽかぽかに

身体を温めたい時は温かいドリンクを飲むのは効果的ですが、それは一時的なものでしかありません。

その効果を高めるためにはエキストラバージンオリーブオイルが必須なんですよ。油膜が広がりやすい性質を持っており、温かいものと一緒に摂るとオリーブオイルが胃の中までふたの役割をしてくれますから、温かいものを冷めるのを防ぎ体内から温まる効果が持続すると言われているのです。

毎日の食生活で取り入れてみよう

以上のように身体を温める3つの方法をご紹介しました。冷え性や冷えを感じる季節になったら、是非試してみましょう。オリーブオイルはほかにも抗酸化作用があり、身体を錆びから守ってくれますから、普通のサラダ油よりよっぽど健康的なんですよ。ダイエットにも嬉しい役割をしてくれますから是非オススメです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick