// //
list

タバコが精神に与える影響(メリットとデメリット)

このエントリーをはてなブックマークに追加

「百害あって一利なし」と言われます。しかし喫煙者の方のなかには「百害と言っても一利どころか百利ある」と言う方もいます。タバコを吸うことによる精神的メリット、肉体的デメリットをお話いたします。

タバコが精神に与える影響(メリットとデメリット)

タバコについて

そもそもタバコの歴史は長く、コロンブスの大航海を経た16世紀以降、嗜好品である「たばこ」は世界中に広まり、今もなお世界中の人々を魅了しています。日本のタバコの歴史からみると長身のダグラス・マッカーサーが日本に上陸した際、丈の高いコーンパイプを咥えていた姿は、当時の日本人に強く印象づけられました。なぜ禁煙がブームになっている中で、それでも吸う人々がいるのでしょうか。

本当にストレス軽減?

現代社会は非常にストレスフルな世の中です。その一つの逃避として身近に“タバコ”が選ばれています。しかし喫煙者が喫煙のメリットとして感じるストレス軽減効果は、身体的にだとあくまでニコチン切れによる離脱症状の緩和にすぎないということがわかっています。“ストレスが軽減されている”という思い込みと普段からの“習慣”という2つが合わさって、ストレスが軽減されているかのような気持ちになっているのです。

タバコを吸い続けること

今現在、タバコが健康に悪いという認識はほとんどの人々が知りうる周知の事実です。では、実際にどのような病気にかかる可能性が高くなるのでしょうか。多くの国際的医療機関の統括報告が発行され、そこでは口腔・喉頭・気管・気管支・肺・咽頭・食道・胃・肝臓・膵臓などのがんをはじめ、動脈硬化・大動脈瘤・脳卒中・虚血性心疾患といった循環器疾患、喘息発作・慢性気管支炎・慢性閉塞性肺疾患といった呼吸器疾患、早産・死産・低出生体重など妊娠への影響について、喫煙によって引き起こされると判断がされています。

ストレスマネジメント

これらを読んで「ストレス軽減のためだと思い込んでいるのかもしれない」と疑問に思ったあなた。今が禁煙するタイミングかもしれません。自分自身の健康ももちろんですが、年々タバコの値段も上がってます。「気分転換の方法を考える」「ストレスのとらえ方を替える」のというこの2点を意識しながら今日から少しづつタバコの本数を減らしてみるのはいかがでしょうか。将来の身体のため、また自分のお財布にも一利はあるかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick