// //
list

舌を見るだけ!?自身の健康状態を見分ける方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の今の健康状態を知るためにお手軽な方法があります。それは舌を出して鏡の前に立ってみることです。薄紅色、ピンク色や適度に潤いがあり、程よい厚みのある舌は健康そのものです。実は舌で健康状態をチェック出来るんですよ。ストレスや不眠、冷え性などなど多岐に渡って知ることが出来ます。あなたの舌は大丈夫?一度チェックしてみましょう。

舌を見るだけ!?自身の健康状態を見分ける方法

赤色は熱こもり

舌の赤色のとき、身体の表面は冷えているのに内側に熱がこもっているケースが多いようです。冷房の効いたオフィスや暖房の入った部屋などに長時間いるとこのような冷えのぼせのような状態になります。また舌先が特に赤い場合、ストレスがたまっている可能性もありますから、適度なストレス解消が必要です。

青紫や黄色、斑点がある

舌の色が異常であったり、斑点がある場合、何らかの心臓のトラブルが起こっている証拠です。自分では感じられない症状でも、診療を受ける必要があります。

舌が白っぽい

身体が冷えている状態の場合、舌は白っぽくなります。入浴、半身浴は身体の芯から温まるので最適ですね。また水分の摂り過ぎによって舌が白っぽく見える場合もありますから、余分な水分はカリウムを補給して排出しましょう。

舌の状態から体調管理をしよう

このように舌だけを見て判断するのは難しいかもしれませんが、東洋医学では既に昔からこの舌判断を行ってきました。よって、これらの舌の状況を判断することが出来れば、体調を崩すことなく生活することが出来るのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick