// //
list

なぜだろう?下腹がぽっこりと出てしまう。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

太っているわけではなく、どちらかと言えば標準体型であるにも関わらず、下腹だけぽっこり出ている、という人はたくさんいます。太ると下腹が出るとは限りません。下腹がぽっこりするにはきちんとした原因があるのです。何故下腹だけぽっこりしてしまうのか、原因を探っていきましょう。

なぜだろう?下腹がぽっこりと出てしまう。。

お腹周辺の筋肉の衰え

お腹の周辺には筋肉がたくさんあります。その筋肉は使われなければたるんでしまいます。このたるみこそが下腹ぽっこりの原因なのです。また便秘の可能性も否定出来ません。

腹筋が弱くなると便を押し出す力も弱くなり、便秘になってしまいます。ぽっこりお腹もガスや老廃物が溜まっている状態なので、スリムにならないのです。常に下腹がぽっこりしている人は便秘もしくは筋力の低下が多く見られることでしょう。

骨盤の歪み

骨盤のゆがみはむくみにも繋がります。
むくむと下腹は必然的にぽっこり出るようになり、スマートな体型の人でも下腹だけが出ている状態になります。

この場合、骨盤矯正などを行って骨盤を正しい位置に戻すことで下腹ぽっこりを解消することが期待できます。

ぽっこりお腹の原因は?

このようにただ太っているだけで下腹が出ているわけではないことが分かります。スマートな体型の人でもよく見れば下腹が、なんてこともあるようです。隠れ肥満と言って内臓脂肪がたっぷりついており、皮下脂肪の少ない人などは特に下腹が出ているようですね。

いずれにしてもお腹の筋肉を鍛え、骨盤矯正や便秘などにならないよう規則正しいリズムを作ることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick