// //
list

老後でも健康な歯が残っているとこんな良いことがイッパイ!!(ボケ防止、長寿、記憶、運動などなど)

このエントリーをはてなブックマークに追加

たくましい歯を作るものはなんだと思いますか?カルシウム?代表的なものはカルシウムですね。8020運動が盛んになってからしばらくたちますが、どれくらいの人が歯を健康に保っているのでしょうか。歯を健康に保つと老後ボケや記憶などに良い影響を与えてくれると言われています。健康な歯を保つためには次の方法で歯を残していきましょう!

老後でも健康な歯が残っているとこんな良いことがイッパイ!!(ボケ防止、長寿、記憶、運動などなど)

基本的な歯磨き

まず基本的なことですが、3食食べた後にはしっかり歯磨きをしましょう。忙しい時でも朝晩は時間をかけてゆっくり歯磨きをしたほうが良いですね。虫歯にならずに済みますし、健康にも良いのです。またペースト状の歯磨き粉をつけて歯磨きするのも良いですが、水だけの歯磨きも特に良いでしょう。歯磨きの仕方は歯茎と歯の間をしっかり磨くことを意識しながら行いましょう。

また咀嚼回数を増やすことも大切です。歯周病予防のケアになります。たくさん噛むことによって歯も鍛えられ、老後もしっかりした歯を保つことが出来るのです。

プロにケアしてもらう

またプロにケアしてもらうことも時には必要です。歯が健康な状態でも年に1度は検診を受けましょう。指摘された場所はしっかり磨いたり、歯石などを取り除いてもらうようにしましょう。

歯を大事にしよう

20代や30代の半ばの人は忙しくて歯も磨かないうちに寝てしまっていませんか?それでは老後に健康な歯を残すことが出来ません。

歯はよく噛むことで脳の神経にアプローチし、記憶力やボケ防止に効果的だと言われているのです。今から、若いうちから歯だけはしっかり守るようにしておきましょう。そのほうが老後の人生を楽しく過ごすことが出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick