list

ヘアーカラーのダメージや分け目が同じ髪型は薄毛の原因!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

パーマや髪の毛のカラーリングを楽しんでいる人はオシャレのために行っているものであり、薄毛の原因について考えている人は少ないでしょう。実際、パーマやヘアカラーは髪の毛によくないのでしょうか。

この質問に対してはイエス、ノーとは言い切れないところがあるのですが、確実に言えることは、薄げになる可能性を高めてしまっているということでしょう。

ヘアーカラーのダメージや分け目が同じ髪型は薄毛の原因!?

何故パーマやカラーリングが良くないのか?

では何故パーマやカラーリングは毛髪を薄毛にする可能性があるのでしょうか?それはパーマ液やカラーリング液が頭皮に付着することが関係しています。最近のヘアサロンではリスクを限りなく少なくするために注意を払ってくれますが、やはり付着するものは付着します。

パーマやカラーリングを続けて行う場合、頭皮が完全に回復していないペースで続けてしまうと、ダメージが積み重なり薄毛になる可能性が高くなると言えるのです。

同じ分け目だと薄毛になる?

また同じ分け目を1年中続けている女性や男性も多いことでしょう。実はこの同じ分け目というものも、髪の毛に知らず知らずのうちに負担をかけているのです。同じ分け目ということは、その分け目で髪の毛、頭皮が引っ張られているということが考えられます。たまには分け目をかえて、スタイルを変更することも必要です。分け目がパカッと割れてしまっている人は、特にダメージが強いと言えます。女性の薄毛の場合、分け目が薄くなってから気付く場合も多いので、ヘアスタイルをいつも同じにせずに、分け目を少し変えるだけでも紫外線対策にもなりますからオススメでしょう。

最後に

ショートカットなど、分け目が殆どない場合はさして気にならないことですが、ロングヘアともなると分け目が気になってきます。分け目を変えることでイメージチェンジを少しすることも出来ますから、気分転換に色々変えてみると良いでしょう。また男性の場合同じ髪型が多いと思いますが、分け目を変えることにより薄毛を防ぐことが出来ますから是非毎朝日課にしてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Editor's pick