// //
list

全身を脅かすB型・C型肝炎について

このエントリーをはてなブックマークに追加

命に関わることもある病気である肝炎は、肝臓に何らかの原因があって炎症が起こってしまうことを指しています。特に日本ではウイルス性の肝炎が多く、ここではB型肝炎、C型肝炎について解説していきます。

全身を脅かすB型・C型肝炎について

B型肝炎とは

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスに感染することで発症します。ただし感染したと言ってもすべての人が発症する訳ではありません。日本では150万人程度の保有者がいると考えられていますが、その内の1割程度の人が症状を発症しています。慢性的な肝炎となったり、肝硬変や肝臓ガンなどを引き起こしてしまう可能性があるのですが、内9割以上の人は自然治癒するそうです。慢性肝炎となる人はおよそ5%程度と言われています。

B型肝炎の感染と治療

B型肝炎の感染は血液を媒介とすることが主です。垂直感染と言って、母から子どもへと感染することが代表的ですが、水平感染といって、性行為をすることで感染したり、輸血や臓器移植によって感染することもあります。性行為で感染する場合は、コンドームを着用することで予防することができるので、気をつけておきたいですね。治療としては抗ウイルス治療が行われることが一般的であり、インターフェロンなどが代表になります。

C型肝炎について

C型肝炎はC型肝炎ウイルスに感染することで発症します。日本ではおよそ200万人の感染者がいると言われており、血液から感染するのが主ですね。かつては輸血をする時に感染することが多かったのですが、現在では刺青を入れたり、注射の回し打ちなどが感染源として有名ですね。性行為による感染もあることにはありますが、ほとんどのケースでは感染することなく、母子感染に関しても同様ですね。ここがB型肝炎との大きな違いであると言って良いでしょう。治療に関しては、B型肝炎と同じくC型肝炎も抗ウイルス治療を行います。こちらもインターフェロン治療が一般的ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick