// //
list

芸能人のあの人も緊急入院!?実は怖い大人喘息(ぜんそく)

このエントリーをはてなブックマークに追加

芸能人ではバナナマンの日村さんも喘息で緊急入院したという大人喘息。大人になってからの喘息は本当に危険なんですよ。アレルギー性の子供の喘息は徐々に治まっていくのが常ですが、大人になってからの喘息発症はとても危険です。

年間の死者数は2000人ほどもいるので、とても軽視出来るものではないのです。薬は年々改良されよくなっているものの、これだけの人数の大人が喘息で命を落としているのです。これはなんとかしなければなりませんね。

芸能人のあの人も緊急入院!?実は怖い大人喘息(ぜんそく)

大人喘息の原因と症状は?

大人の喘息は40歳前後に出てくるケースが多いと言われています。しかしその原因ははっきりとは分かっていないのです。ストレスが原因だったり、飲酒が原因だったりするので、特定するのが難しいのです。症状は軽い咳から、重篤な場合は死亡するまで色々なケースがあります。予防と治療をしっかり行っておくことが必要です。

治療法はあるの?

大人の喘息に使われる薬品には抗アレルギー薬というものがあります。原因となる物質が気管支に炎症を起こしている場合は、この抗アレルギー薬が効果を発揮します。また漢方薬でも治療が可能で、比較的軽い大人喘息の場合、漢方薬を処方されることがあるようです。

さらに最も多いのはステロイド薬を使う方法です。吸入器に入れて呼吸するものですが、喘息発作が出た場合、テキメンに効果があります。吸入ステロイドは喘息と判断されれば医師から処方されますから、適切に使うようにしましょう。

喘息を甘く見てはいけない

大人喘息は年間2000人も死者を出しているとても怖い病気です。乳幼児も重篤な状態になる場合が多いのですが、大人になってからの喘息もそれに似たものがあります。

咳が何日も止まらない、痰ばかり出るなど、気になる症状があるのなら、早目に医療機関にかかることが最善策でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick