list

あなたの身体の本当のところ?アレルギー検査で事前確認

このエントリーをはてなブックマークに追加

アレルギー検査って何のことだろう?と思っている人も多いのでは?その名の通り、アレルギーの検査をすることです。最近ではアレルギー体質の子供や大人が増えてきました。アナフィラキシーショックという死に至るケースもありますから、自分のアレルギーはしっかり把握しておきたいものです。

あなたの身体の本当のところ?アレルギー検査で事前確認

血液検査

アレルギー検査の主な検査は血液検査となります。子供でも受けられる簡単な検査で、確実性がありますのでオススメです。一項目130点あり、最大で13項目1430点まで調べることが可能で、採血の量は検査項目により変わってきます。どの項目を調べるかは個人に負かされているので、自分の希望する項目を選ぶことが出来ます。また、医師がチェックしたリストも加わることになります。

ブリックテスト

アレルゲンを判定するための検査です。過剰反応でもすぐ拭き取ることが出来る安全な検査となります。アレルゲンエキスを1滴落としたところを軽く傷つけて症状を見ます。15分間その状態を保ちます。15分後の腕の状態をみて、アレルゲンを特定するという検査になります。

血液検査でアレルゲンを特定しておこう

アレルギー検査は色々なものがありますが、一般的なものは血液検査になるでしょう。確実性があり、やはり負担にならないのが最も多い理由です。しかし多くの項目を調べたければたくさんの血が必要になるため、貧血を起こす可能性もありますから気をつけましょうね。

アレルゲンを把握したら、自分の食べてはいけないNGフードというものも分かりますから、危険性も少なくなります。自分はアレルギー体質なのか?と感じたら、アレルギー検査を受けることも考慮に入れておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick