// //
list

大人が手本を!子どもの好き嫌いを治す方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

好き嫌いの激しい子供ってたまにいますよね。どうして食べられないのか不思議に思うこともあります。好き嫌いは子供の舌に原因があるのです。子供の舌は敏感で、苦いものやすっぱいものを拒絶する敏感さを持っているのです。しかしやはり親にもなれば子供に好き嫌いなく食べてもらいたいものです。そのためにいくつか方法をピックアップしたのでご紹介しましょう。

大人が手本を!子どもの好き嫌いを治す方法

対策法

親が食べる姿を見せると効果的で、まずは親がちゃんと食べている姿を見せることが大切です。野菜が嫌いな子供がいたら、積極的に野菜を食べる姿を見せてあげましょう。親が食べている姿を見る事で子供の心境は「それほど美味しいなら」と好奇心が出てくるのです。また、苦手なものが食べられるようになった子供には大げさに褒めてあげましょう。褒められると子供は上機嫌になり、また次も食べようと思うようです。

まだまだある対処法

野菜が嫌いな子供も多いと思います。野菜には苦味もありますし、青臭い面もあります。しかし何故食べなければ怒られるのか分かっている子供は少ないのです。理由もわからず野菜を食べないことで怒られるのでは子供も納得いきません。ですから子供が分かりやすいように、大人が説明してあげることも大切です。何故野菜が必要なのか、何故その食品が大切なのか、理解すると急に食べ始める子供もいるので、重要なポイントとなります。

牛乳やヨーグルトの食感や香り、味が苦手な子供もいます。その場合、ココアやフルーツに混ぜる、スープの隠し味に使うなどの調理の工夫も親は考えてあげましょう。自分が食べられないと思っていたけれど、実は食べていた!と知ったとき、子供は好き嫌いを克服することが出来るかもしれません。

大人が手本になって!

どうでしょう。子供を持ち、好き嫌いに悩んでいるママさんパパさんはいませんか?少し工夫をする事で意外に食べてくるかもしれませんので、子供の事でお悩みであれば今回紹介した方法を講じてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick