list

過労で発症?女性も注意!性器ヘルペスについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般の人に広がっている病気「性病」は、性産業従事者特有の病気だと思っていませんか?いまや性病は特定の職業の人の間にだけあるものではなく、学生や主婦、OLなど幅広い年齢の男女に広まっています。不特定多数の人と関係を持っていないからと言って安心はできません。

過労で発症?女性も注意!性器ヘルペスについて

知らずのうちに感染する性器ヘルペス

例えば「性器ヘルペス」という病気をご存じでしょうか。ヘルペスというと、口のまわりにできる赤いぽつぽつを思い浮かべる人も多いのでは。あまり知られていませんが、この口唇ヘルペス、性器にも感染するのです。口唇ヘルペスの原因ウイルスを持っている人がオーラルセックスをすると、相手の性器にウイルスが感染します。

感染しても症状が出る場合と出ない場合があるため、知らず知らずのうちに感染は拡大。ストレスや過労などで免疫力が落ちた時、潜伏していたウイルスが重い症状として現れる危険があります。また、出産時に性器ヘルペスを持っていると、母子感染する可能性も。

性器ヘルペスの辛い症状

このように、性器ヘルペスが感染する原因は膣性交だけではありません。健康状態が良好な時には症状が現れないこともあります。このとっても厄介な性器ヘルペス、その症状は相当辛いもの。水ぶくれ潰瘍ができるばかりでなく、激しい痛みを伴い、時には排尿もできないことがあります。発熱やリンパ節の腫れなど、風邪のような症状が現れることも。また、過労やストレスなどで潜伏していたウイルスが悪さをすることが多ため、注意が必要です。

症状を抑える治療法

性器ヘルペスの治療は主に抗ヘルペスウイルス剤を服用します。症状が軽い場合は軟膏を塗布するだけですむことも。逆に入院しなければいけないくらい重症化することもあります。症状が治まったとしても、ヘルペスウイルスは神経節に潜伏し、完全に排除することはできません。再発を防ぐためにも過労やストレスには十分注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick