// //
list

気付きにくい女性の性病?クラミジア感染症とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

「感染に気付きにくいクラミジア感染症」日本では若年層を中心に感染者数が増加しています。中でもクラミジア感染症の感染者数は、10代から20代に広く蔓延しています。なんと、性交渉経験者の高校生のうち、女性は約13パーセント、男性は約7パーセントも感染しているという調査もあるほど。いまや、性病はセックスワーカーの間だけに存在するものではなく、「ふつうの」高校生にまで広まっている恐ろしい病気なのです。

気付きにくい女性の性病?クラミジア感染症とは

コンドームをしていても移る

日本で一番感染者が多いとされる性病、クラミジア感染症。コンドームをしていれば感染しないと思っていませんか?セーフティセックスには不可欠なコンドームですが、クラミジアは精液や膣液はもちろん、粘膜の接触などによっても感染します。つまり、アナルセックスやオーラルセックスなど、様々な性的な行為によって感染するのです。

でにくい症状

女性のクラミジア感染症の主な症状は、不正出血、おりものの増加、性交渉時の痛みなどがあげられます。オーラルセックスなどによって口腔に感染した場合は、咽頭炎を引き起こします。のどの痛みや腫れを生じ、慢性的な扁桃炎になることも。しかし、多くの女性が、クラミジア感染症の症状を自覚することがないまま知らずのうちにパートナーに移してしまっているのが現実です。

症状がなくても検査を

クラミジア感染症の怖いところは、感染者の約半数の人が無自覚だというところ。症状がでにくいため、感染している事実に気づかないのです。そのまま放置しておくと卵管炎を引き起こし、最悪の場合子宮外妊娠や不妊症の原因となることも。定期的に性的関係がある人や妊娠出産の予定がある人は、症状がなくてもクラミジア感染症の検査を受けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick