// //
list

ストレスが原因?過呼吸症候群とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

不安などの心理的ストレスや、運動などの外的要因によっても引き起こされることがある、過呼吸症候群ですが、この過呼吸症候群は「過呼吸発作」なんて言われることもあるように、突然、呼吸が苦しくなり、呼吸が浅くなることによって手などに痺れを感じたりする症状です。非常にまれなケースでは、意識がもうろうとすると言った事象もあるようです。

ストレスが原因?過呼吸症候群とは

過呼吸症候群になっても落ち着こう

過呼吸症候群の発作症状が出ている時は、とても苦しく、恐怖心も伴いますが、過呼吸症候群の症状で死ぬことや、後遺症が残るほど重篤な事態になることはまずありませんので、過呼吸症候群の発作が起こっても、まずは落ち着きましょう。焦ってしまって転倒したり、怪我をしたりといったことのほうが怖いので「時間が経過すれば発作は収まる」ということを忘れずに落ち着いた行動を取るようにしましょう。

過呼吸症候群になる原因

不安などの心理的ストレスや、運動などの外的要因によっても引き起こされることがありますが、実際にはこれが原因だとはっきりとわからないケースもあります。たとえば、同じようにストレスを受けても、胃腸が悪くなるという人もいれば、頭痛がしてくるという人もいますよね。

このようなことは、身体反応の中の臓器選択性と言われるものですが、その中には過呼吸症候群になりやすい人がいるのかもしれません。いまのところ、医学的な証明はなされていません。

過呼吸症候群の治療

昔は発作が起きるとペーパーバック法という方法を取るのが主流でしたが、今は他の事故が起こる可能性も考慮して、主流とはなっていません。心を落ち着かせて腹式呼吸をして、ゆっくりと発作が治まるのを待ちましょう。不安感が強い人は、精神安定剤などを使用するなど、症状に合わせた対処が必要となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick