list

ストレスによる過食症 -摂食障害になるケースの原因

このエントリーをはてなブックマークに追加

「摂食障害」という言葉、近年はニュースなどでもよく聞くようになりましたよね。摂食障害の中には、拒食症と過食症がありますが、痩せたいからと過激なダイエットを行った結果、拒食症や過食症になってしまった、というケースも聞きます。そのような人を増やさないためにも、細すぎるモデルを使わないようにしよう、などといった世界的な動きなどもあるみたいです。

ストレスによる過食症 -摂食障害になるケースの原因

実は心の病気

過食症は、普通のやけ食いなどと区別はつきにくいかもしれませんが、摂食障害になるケースは心の病気が原因であることがほとんどです。摂食障害は、実は国が難病に指定しているほど難しい病気なんです。自分ひとりではどうしても過食が止められないというのは、性格が弱いとかだらしないというのではなく、病気が原因なのかもしれません。ひとりで悩めば悩むほど、悪循環に陥っていきますので、過食になっているという自覚がある人は、早急に診療内科などで相談をすることが大切です。

過食症の症状

過食症は、摂食障害ですが、一般の人から見るとただたくさん食べすぎちゃう病気、というイメージがあるかもしれません。しかし、過食症で怖いのは食べてしまうということだけではありません。食べた後に代償行為をしてしまうという特徴があります。

過食症の代償行為と治療

代償行為で有名なものは、食べた後に食べたものを吐く、というものだと思いますがそれ以外にも下剤を飲んだり、過度な運動や絶食を行うなど、身体を痛めつけてしまうことをしてしまうのが止められなくなったりします。ひとりでは治せないので治療が必要となりますが、カウンセリングなどを受けた上で投薬を行うのが有効です。症状が重い場合には、入院して治療を行うことが、治療の早道になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick