// //
list

心理的なプレッシャーやストレスが原因!過敏性腸症候群について

このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群は、20~30代に多いと言われていますが、心当たりがある人も多いのではないでしょうか。すぐにおなかを壊してしまう、胃腸の調子が良くない、と感じている人はもしかしたら過敏性腸症候群かもしれませんよ。

一時的な症状で収まれば良いですが、トイレに行けない場所や時間がプレッシャーに感じるようになったら……。症状がひどくなる前に、治してしまいましょう。

心理的なプレッシャーやストレスが原因!過敏性腸症候群について

過敏性腸症候群はなぜ起きるのか

過敏性腸症候群は、検査を受けても何の異常も見られません。このような人は、とても多く、消化器内科を受診する人の半分くらいは、症状があっても異常がない、という人だったります。異常がないのに症状が出るのは、そこに心理的な原因が作用しているからと考えられています。心理的なプレッシャーやストレスをキャッチして、大腸を刺激してしまうのです。

セルフケアは難しい

心理的な問題が発生しているところに、おなかをいつ壊すかわからないプレッシャーが加わると、心に大きな負担がかかってしまいますよね。

また、このような症状の場合、自分が弱いのが悪い、と周囲の理解を得られなかったり、自分で自分を責めてしまったり……というケースも多くあります。 そのような悪循環に陥ってしまうと、セルフケアで症状を治すということが難しくなってきます。

プロに相談するのが一番

自分の気持ちの問題なんだから、自分でなんとかできるだろうと考える人も多くいますが、実際にはそれはとても難しいことです。勇気が出ないという人もいますが、心療内科などの専門機関で相談してみるのが一番です。「気持ちを楽にする」ということを優先的に考えて行動するのが、結局は治療の早道になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick