list

セロトニンが減少。。ストレスによる肥満について

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間、生きていれば、当たり前ですがストレスを感じることはたくさんありますよね。しかし、誰にでもあるからといって、ストレスをあまり軽く見てはいけません。実にさまざまな症状が、ストレスによって引き起こされますし、ストレスはあまり良いものとは言えません。ストレスというのは簡単に言ってしまえばその人にとって不快な刺激なので、その刺激が多くの不調を引き起こしてしまうのです。

セロトニンが減少。。ストレスによる肥満について

ストレスで起こる肥満

日本人に多い「癌」もストレスによって引き起こされるくらいですから、ストレスは馬鹿にできません。ストレスがどのような形で出るかは個人差がありますが、男性では胃潰瘍や脱毛症などが多く見られる傾向にあり、女性の場合はストレスによって肥満になってしまうというケースがとても多いのです。

イライラすると甘い物が食べたくなる、ということないでしょうか。心当たりのある方は要注意です。

なぜストレスで過食になるのか

ストレスを受けると、体内のセロトニンという、気持ちを落ち着けてくれる物質が減ってしまうのですが、甘い物というのはその損失を防ごうとしてくれる効果があるので、ついストレスを受けると甘い物を食べたくなってしまうのです。

ストレス肥満を解消するには

精神的には確かに落ち着くかもしれませんが、そんな風に甘い物を食べ続けていたら、当然太ってしまいますよね。そうならないためには、甘い物が欲しいと思うほどの強いストレスを受けないようにすることが大切ですし、それが出来ない場合には、他の方法で上手にストレスを発散することを心がけるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick