// //
list

その出血は病気じゃない?不正出血について

このエントリーをはてなブックマークに追加

月経以外で出血した経験、みなさんはありますか?どれが不正出血というのかわからない、という方もなかにはいるのではないでしょうか?

その出血は病気じゃない?不正出血について

不正出血とは

月経の時以外に出血することをすべて「不正出血」というそうです。この不正出血、放っておけない病気のサインかもしれません。

原因

病気から考えられる不正出血は、大きく分けると2種類に分類されるようです。子宮や膣などの病気による「器質性出血」と、ホルモンバランスの乱れによる「機能性出血」です。

「器質性出血」では、子宮がんや子宮筋腫、子宮内膜炎などの病気の可能性があります。「機能性出血」は、ホルモンバランスの乱れから起こる出血で、思春期や更年期に多くみられます。

ただし、心配のいらない不正出血もあるようです。たとえば、病気ではなく排卵前後に少量の出血がみられる「中間期出血」や、性交渉後に少量の出血がみられる場合などです。

婦人科の受診へ

心配のいらない出血もあるとはいえ、自己判断は避けた方が良いでしょう。量や回数ではなく不正出血があった場合には、すぐに婦人科を受診する必要がありそうです。

なぜなら、子宮がんは初期にはほとんど症状がなく、不正出血がみられた時には病状が進行している可能性もあるそうです。病気の早期発見、早期治療のためにも、早めの受診を心掛けたいですね。

また日頃から基礎体温表をつけている場合には、重要な手掛かりとなるそうなので受診の際に持参すると良いのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick