// //
list

フケ症の原因と種類、ケア法について

このエントリーをはてなブックマークに追加

フケとは、頭皮の死んだ細胞が剥がれ落ちたもののこと。頭皮ケアの仕方次第では、軽度から重度のフケ症となってしまうことも。フケが出たからといって、ただシャンプーをすればいいものではないようです。そして、フケ症には大きく分けて2タイプあり、それぞれケア方法が違うのです。

あなたの頭皮ケア方法は、適切なものでしょうか?

フケ症の原因と種類、ケア法

フケの原因と種類

フケとは新陳代謝により、誰もが一定サイクルで出るもののようです。
しかし、何かの原因でそれよりも早いサイクルでフケが発生してしまう状態を、フケ症と呼ぶようです。

フケ症には、乾いたパラパラと落ちてくるようなフケの場合と、湿って固まりになったようなフケの場合があるそうです。皮脂分泌が不足していると乾いたフケに、皮脂分泌が多いと湿ったフケになってしまうようです。

では、それぞれどのようにケアしていけば良いのでしょうか?

ケア方法

乾いたフケの場合、発生の要因は様々ですが、フケが気になるからと洗いすぎには注意しましょう。まずは、原因の一つかもしれないシャンプーそのものを見直してみる必要があるかもしれません。刺激の少ないものを使用しよく洗い流すこと、そして爪を立てて洗わないように心掛けてみましょう。

湿ったフケの場合には、とにかく頭皮の清潔さを保つこと。細菌などが原因になっている場合もあるので、毎日洗髪し頭皮をよく乾かすようにするとよいそうです。自分のフケの種類は、一度皮膚科で診察してもらうと良いかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick