// //
list

ストレスがないのに円形脱毛症の本当のこと!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「わたしはストレスないし、大丈夫だよ」
「円形脱毛症って男の人の病気でしょ?」

と、思われていませんか? 残念ながらストレスがない人であっても、女性であっても円形脱毛症になります。今回は「円形脱毛症の原因」「原因による円形脱毛症のあらわれ方」についてご紹介します。

ストレスがないのに円形脱毛症の本当のこと!?

ストレスが原因は2割しかない

ストレスは円形脱毛症の原因の2割程度といわれています。少ないと思いませんか。では、多くの原因となっているものはなんでしょう。

実は自己免疫疾患によるものなのです。
自己免疫疾患とは読んで字のごとく、自分の(自己)からだを守ってくれるはたらき(免疫)が異常をきたしている(疾患)ことを指します。

普段、わたちたちのからだは免疫によって健康にたもたれています。ウイルスなどの異物がからだに入ってきたとき、免疫が異物を攻撃し、排除してくれています。自己免疫疾患による円形脱毛症はこの免疫が髪の毛を異常なものと錯覚し、攻撃することによって毛が抜け落ち、生えてこなくなるのです。

自己免疫疾患の場合は病院へ

ストレスによるものなのか、自己免疫疾患によるものなのかは数で見分けられます。あらわれた数が1、2ヵ所の場合、ストレスによる可能性が高いです。また、ストレスが原因ということでリフレッシュなどでストレスを解消、自然に治ることが多いのも特徴です。

一方、いろんな場所に多発した場合、自己免疫疾患の可能性が高いです。自己免疫疾患が原因となると自然に治ることが少なく、病院での治療が必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか。
残念なことに円形脱毛症の原因のひとつである自己免疫疾患については、なぜ起こるのかについては解明されていません。

もし、発症した場合は何が原因であるか考え、適切な対応をしていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick